何か御意見ありましたら下記の御意見箱にコメントを入れて下さいねm(_ _)m
御意見箱
ランキングも御協力をm(_ _)m→ブログランキング ブログ村 人気blogランキングへ 週刊ブログランキング

2013年04月26日

日経平均、ザラバ年初来高値更新で始まる=東京株式前場

26日午前の東京株式市場の日経平均株価は、前日比52円90銭高の1万3978円98銭と、25日に付けたザラバベースでの年初来高値(1万3974円26銭)を更新して始まった。
 東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は、同3.54ポイント高の1176.32で始まった。

DMM.com証券
posted by 1クリック! at 09:16| 埼玉 ☔| 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

25日の米国市場ダイジェスト:ダウは24ドル高、新規失業保険申請件数を好感も上げ幅縮小

■NY株式:ダウは24ドル高、新規失業保険申請件数を好感も引けにかけて上げ幅縮小

NYダウ       ナスダック
終値 :14700.80  終値 :3289.99
前日比:+24.50   前日比:+20.34
始値 :14676.30  始値 :3279.82
高値 :14768.05  高値 :3301.28
安値 :14665.45  安値 :3279.29

25日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は24.50ドル高の14700.80、ナスダックは20.34ポイント高の3289.99で取引を終了した。朝方発表された週間新規失業保険申請件数が予想より少なかったことが好感され、堅調推移となった。しかし、独中銀が同国憲法裁判所にECBの債券購入プログラムに批判的な書簡を送ったことが報じられたことをきっかけに、引けにかけて上げ幅を縮小する展開となった。セクター別では、自動車・自動車部品や電気通信サービスが上昇する一方、家庭用品・パーソナル用品や不動産が下落した。

ネットワーク技術のアカマイ・テクノロジーズ(AKAM)は好決算を発表、JPモルガンが投資判断を引き上げたことで大幅上昇。電気自動車のテスラ・モーターズ(TSLA)は共同創業者マスク氏が、新戦略発表を示唆したことで買われた。化学大手のダウ・ケミカル(DOW)は、予想を上回る決算を発表して堅調推移となった。

一方で、半導体のクアルコム(QCOM)は、決算でやや慎重な業績見通しを示したことが嫌気されて下落。食品スーパーのセーフウェイ(SWY)は決算が予想を下回り大幅下落となった。

なお、オンライン小売大手のアマゾン(AMZN)が発表した決算は、利益がアナリスト予想を上回ったことが好感され、時間外で小幅上昇して推移している。

(Horiko Capital Management LLC)

■NY為替:ドル・円は99円25銭、ECBの利下げ観測でユーロ売りが強まる

ドル・円は99円07銭から99円50銭へ上昇し、99円25銭で引けた。米国の先週分新規失業保険申請件数の予想以上の減少を好感したドル買いが優勢となった。

ユーロ・ドルは1.3094ドルまで上昇後、1.2989ドルへ反落し、1.3005ドルで引けた。来週2日に予定されている定例理事会で欧州中央銀行(ECB)が0.25%の利下げを実施するとの見通しを受けて、ユーロ売りが強まった。ユーロ・円は、129円88銭から129円03銭まで下落。

ポンド・ドルは、3番底を免れた英国1-3月期国内総生産(GDP)を好感したポンド買いに1.5480ドルまで上昇後、ユーロ・ポンド絡みの売りに1.5428ドルへ反落。ドル・スイスは、0.9424フランから0.9483フランへ上昇した。

■NY原油:続伸で93.64ドル、買い戻しの動きが継続

NY原油は続伸(NYMEX原油6月限終値:93.64 ↑2.21)。24日にレジスタンスを抜けた後のショート・スクイーズの動きが続いた。通常取引開始後には93.87ドルまで上昇し、11日から17日までの最大で94.64ドルから85.61ドルまでの下落をほぼ取り消している。

4月から景気改善の遅れを示唆するデータが相次ぐなか、26日に第1四半期GDPの発表が予定されている。しかし、年初からファンダメンタルズのマーケットへの影響は限定的となっている。3月の雇用統計以降、連銀幹部から緩和政策の長期化を示唆する発言が増えてきており、来週5月1日の連邦公開市場委員会(FOMC)がイベントとして注目されている。

中東での地政学的リスクの高まりが続く中で、ホワイトハウスはシリア政府が化学兵器(サリン)を小さな規模で使用した可能性を見込む、の見解を示している。

■主要米国企業の終値

銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)

バンクオブアメリカ(BAC)  12.44ドル +0.13ドル(+1.06%)
モルガン・スタンレー(MS) 21.43ドル -0.02ドル(-0.09%)
ゴールドマン・サックス(GS)144.76ドル +0.83ドル(+0.58%)
インテル(INTC)    23.38ドル -0.28ドル(-1.18%)
アップル(AAPL)      408.38ドル +2.92ドル(+0.72%)
グーグル(GOOG)      809.10ドル -4.35ドル(-0.54%)
フェイスブック(FB) 26.14ドル +0.03ドル(+0.11%)
キャタピラー(CAT)     84.51ドル +0.73ドル(+0.87%)
アルコア(AA)        8.39ドル -0.02ドル(-0.24%)
ウォルマート(WMT)     78.65ドル +0.62ドル(+0.79%)

FX
posted by 1クリック! at 09:14| 埼玉 ☔| 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

日経平均82円高と続伸、決算期待や買い戻しに上げ幅拡大=25日後場

25日後場の日経平均株価は前日比82円62銭高の1万3926円08銭と続伸した。後場寄りに先物への買いも交えて上げ幅を拡大。利益確定売りに上げ幅を縮小した後はもみ合い基調となったが、引けにかけて強調展開となり、一時130円80銭高の1万3974円26銭まで上昇した。東証1部の出来高は43億5967万株、売買代金は3兆566億円。騰落銘柄数は値上がり1056銘柄、値下がり541銘柄、変わらず113銘柄。

 市場からは「為替も動かず特に材料はなかったが、思ったより下げなかったことから買い戻しが入ったのだろう。本業の回復と為替の恩恵により決算で最も期待されている自動車株が後場強含んだことから、決算期待もあったと思われる」(中堅証券)との声が聞かれた。

 業種別では、王子HD <3861> 、日本紙 <3863> などのパルプ紙株が東証業種別株価指数で値上がり率トップ。三井倉 <9302> 、住友倉 <9303> などの倉庫株、三菱UFJ <8306> 、みずほ <8411> などの銀行株も前場に続き物色され値上がり率上位となった。トヨタ <7203> 、ホンダ <7267> など自動車株も堅調だった。

 個別では、14年3月期連結が7割営業増益予想の新日無 <6911> がストップ高となり前場に続き東証1部値上がり率トップ。前場引け後に衛生管理商品「クレべリン」の出荷が想定を上回ったとして13年3月期連結予想を引き上げた大幸薬品 <4574> 、新成長戦略でカジノ解禁検討が盛り込まれるとの観測報道からオーイズミ <6428> 、米ボーイング新型機「787」の運航再開にらんだ需要回復思惑から大阪チタ <5726> 、邦チタ <5727> のチタン株も買われた。ほかには、日電産 <6594> との株式交換比率にサヤ寄せして連騰した電産トーソク <7728> 、石炭火力発電所の新増設再開報道を受けた住石HD <1514> などが値上がり率上位となった。

 半面、商船三井 <9104> 、川崎汽 <9107> など海運株、アイフル <8515> 、アコム <8572> などその他金融株が前場に続いて値下がり率上位。その他製品株も値下がり率上位。13年3月期下ブレ着地の任天堂 <7974> は主力の大証で反落した。個別では、キヤノン <7751> 、資生堂 <4911> が225採用銘柄銘柄で値下がり率1、2位。キヤノンのほか、リブセンス <6054> 、日本トリム <6788> 、ザッパラス <3770> 、JPHD <2749> などが東証1部値下がり率上位となった。

 なお、東証業種別株価指数は全33業種中、26業種が上昇した。







世界7ヶ国のAMAZONで稼ぐせどり!サヤ取りグローバルせどらー




posted by 1クリック! at 16:09| 埼玉 ☔| 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今日の1クリック!

2013年04月26日

日経平均、ザラバ年初来高値更新で始まる=東京株式前場

26日午前の東京株式市場の日経平均株価は、前日比52円90銭高の1万3978円98銭と、25日に付けたザラバベースでの年初来高値(1万3974円26銭)を更新して始まった。
 東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は、同3.54ポイント高の1176.32で始まった。

DMM.com証券
posted by 1クリック! at 09:16| 埼玉 ☔| 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

25日の米国市場ダイジェスト:ダウは24ドル高、新規失業保険申請件数を好感も上げ幅縮小

■NY株式:ダウは24ドル高、新規失業保険申請件数を好感も引けにかけて上げ幅縮小

NYダウ       ナスダック
終値 :14700.80  終値 :3289.99
前日比:+24.50   前日比:+20.34
始値 :14676.30  始値 :3279.82
高値 :14768.05  高値 :3301.28
安値 :14665.45  安値 :3279.29

25日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は24.50ドル高の14700.80、ナスダックは20.34ポイント高の3289.99で取引を終了した。朝方発表された週間新規失業保険申請件数が予想より少なかったことが好感され、堅調推移となった。しかし、独中銀が同国憲法裁判所にECBの債券購入プログラムに批判的な書簡を送ったことが報じられたことをきっかけに、引けにかけて上げ幅を縮小する展開となった。セクター別では、自動車・自動車部品や電気通信サービスが上昇する一方、家庭用品・パーソナル用品や不動産が下落した。

ネットワーク技術のアカマイ・テクノロジーズ(AKAM)は好決算を発表、JPモルガンが投資判断を引き上げたことで大幅上昇。電気自動車のテスラ・モーターズ(TSLA)は共同創業者マスク氏が、新戦略発表を示唆したことで買われた。化学大手のダウ・ケミカル(DOW)は、予想を上回る決算を発表して堅調推移となった。

一方で、半導体のクアルコム(QCOM)は、決算でやや慎重な業績見通しを示したことが嫌気されて下落。食品スーパーのセーフウェイ(SWY)は決算が予想を下回り大幅下落となった。

なお、オンライン小売大手のアマゾン(AMZN)が発表した決算は、利益がアナリスト予想を上回ったことが好感され、時間外で小幅上昇して推移している。

(Horiko Capital Management LLC)

■NY為替:ドル・円は99円25銭、ECBの利下げ観測でユーロ売りが強まる

ドル・円は99円07銭から99円50銭へ上昇し、99円25銭で引けた。米国の先週分新規失業保険申請件数の予想以上の減少を好感したドル買いが優勢となった。

ユーロ・ドルは1.3094ドルまで上昇後、1.2989ドルへ反落し、1.3005ドルで引けた。来週2日に予定されている定例理事会で欧州中央銀行(ECB)が0.25%の利下げを実施するとの見通しを受けて、ユーロ売りが強まった。ユーロ・円は、129円88銭から129円03銭まで下落。

ポンド・ドルは、3番底を免れた英国1-3月期国内総生産(GDP)を好感したポンド買いに1.5480ドルまで上昇後、ユーロ・ポンド絡みの売りに1.5428ドルへ反落。ドル・スイスは、0.9424フランから0.9483フランへ上昇した。

■NY原油:続伸で93.64ドル、買い戻しの動きが継続

NY原油は続伸(NYMEX原油6月限終値:93.64 ↑2.21)。24日にレジスタンスを抜けた後のショート・スクイーズの動きが続いた。通常取引開始後には93.87ドルまで上昇し、11日から17日までの最大で94.64ドルから85.61ドルまでの下落をほぼ取り消している。

4月から景気改善の遅れを示唆するデータが相次ぐなか、26日に第1四半期GDPの発表が予定されている。しかし、年初からファンダメンタルズのマーケットへの影響は限定的となっている。3月の雇用統計以降、連銀幹部から緩和政策の長期化を示唆する発言が増えてきており、来週5月1日の連邦公開市場委員会(FOMC)がイベントとして注目されている。

中東での地政学的リスクの高まりが続く中で、ホワイトハウスはシリア政府が化学兵器(サリン)を小さな規模で使用した可能性を見込む、の見解を示している。

■主要米国企業の終値

銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)

バンクオブアメリカ(BAC)  12.44ドル +0.13ドル(+1.06%)
モルガン・スタンレー(MS) 21.43ドル -0.02ドル(-0.09%)
ゴールドマン・サックス(GS)144.76ドル +0.83ドル(+0.58%)
インテル(INTC)    23.38ドル -0.28ドル(-1.18%)
アップル(AAPL)      408.38ドル +2.92ドル(+0.72%)
グーグル(GOOG)      809.10ドル -4.35ドル(-0.54%)
フェイスブック(FB) 26.14ドル +0.03ドル(+0.11%)
キャタピラー(CAT)     84.51ドル +0.73ドル(+0.87%)
アルコア(AA)        8.39ドル -0.02ドル(-0.24%)
ウォルマート(WMT)     78.65ドル +0.62ドル(+0.79%)

FX
posted by 1クリック! at 09:14| 埼玉 ☔| 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

日経平均82円高と続伸、決算期待や買い戻しに上げ幅拡大=25日後場

25日後場の日経平均株価は前日比82円62銭高の1万3926円08銭と続伸した。後場寄りに先物への買いも交えて上げ幅を拡大。利益確定売りに上げ幅を縮小した後はもみ合い基調となったが、引けにかけて強調展開となり、一時130円80銭高の1万3974円26銭まで上昇した。東証1部の出来高は43億5967万株、売買代金は3兆566億円。騰落銘柄数は値上がり1056銘柄、値下がり541銘柄、変わらず113銘柄。

 市場からは「為替も動かず特に材料はなかったが、思ったより下げなかったことから買い戻しが入ったのだろう。本業の回復と為替の恩恵により決算で最も期待されている自動車株が後場強含んだことから、決算期待もあったと思われる」(中堅証券)との声が聞かれた。

 業種別では、王子HD <3861> 、日本紙 <3863> などのパルプ紙株が東証業種別株価指数で値上がり率トップ。三井倉 <9302> 、住友倉 <9303> などの倉庫株、三菱UFJ <8306> 、みずほ <8411> などの銀行株も前場に続き物色され値上がり率上位となった。トヨタ <7203> 、ホンダ <7267> など自動車株も堅調だった。

 個別では、14年3月期連結が7割営業増益予想の新日無 <6911> がストップ高となり前場に続き東証1部値上がり率トップ。前場引け後に衛生管理商品「クレべリン」の出荷が想定を上回ったとして13年3月期連結予想を引き上げた大幸薬品 <4574> 、新成長戦略でカジノ解禁検討が盛り込まれるとの観測報道からオーイズミ <6428> 、米ボーイング新型機「787」の運航再開にらんだ需要回復思惑から大阪チタ <5726> 、邦チタ <5727> のチタン株も買われた。ほかには、日電産 <6594> との株式交換比率にサヤ寄せして連騰した電産トーソク <7728> 、石炭火力発電所の新増設再開報道を受けた住石HD <1514> などが値上がり率上位となった。

 半面、商船三井 <9104> 、川崎汽 <9107> など海運株、アイフル <8515> 、アコム <8572> などその他金融株が前場に続いて値下がり率上位。その他製品株も値下がり率上位。13年3月期下ブレ着地の任天堂 <7974> は主力の大証で反落した。個別では、キヤノン <7751> 、資生堂 <4911> が225採用銘柄銘柄で値下がり率1、2位。キヤノンのほか、リブセンス <6054> 、日本トリム <6788> 、ザッパラス <3770> 、JPHD <2749> などが東証1部値下がり率上位となった。

 なお、東証業種別株価指数は全33業種中、26業種が上昇した。







世界7ヶ国のAMAZONで稼ぐせどり!サヤ取りグローバルせどらー




posted by 1クリック! at 16:09| 埼玉 ☔| 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今日の1クリック!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。